>  > 骨抜きされた話

骨抜きされた話

自宅にデリヘルを呼んだ話です。いまは真冬で、かなり寒い時期だったので暖房をガンガンつけたのですが、それでも手が温まらず、デリヘル嬢のお股に挟んでもらいました。「ここに挟んで温めてもいいよ〜」って言われたので挟んでみると、かなり温かかったです。女の子の方は、手の冷たさに一瞬震えてたけど。暖房で身体が温まったところで、ようやくエッチしました。乳首舐めをされながら、手で僕のアレを弄られました。僕は男だけど、乳首が異様に敏感で、快楽で終始腰を浮かしていました。5分もしないで、まず一発目を射精しました。まだまだ時間も余っていたので、二発目はフェラで抜いてもらいました。フェラの刺激するタイミングが実に絶妙で、二発目だというのに、こちらもすぐに出しちゃいました。骨抜きにされるって、こういうことなんでしょうね。デリヘル嬢が帰った後、余韻がすごくてずっとぼーっとしていました。そのあと、意識をなくしたように眠っちゃいました。自宅に呼んでよかったです。

[ 2015-08-20 ]

カテゴリ: デリヘル体験談